【台湾漫博イベント参加方法現地レポ】のんのん村台湾遠征2019の思い出 その3

夏が過ぎ、冬が訪れ、そして雪が溶け昨日は春一番が関東を駆け抜けました。 ……… 流石にそろそろ書いとかないと。 今回は台湾滞在2日目、いよいよイベント当日のお話です。 (その1はこちら)(その2はこちら)

星見プロ、その輝きに出会った日― IDOLY PRIDEワンフェスステージレポ後編

引き続き、ワンフェスIDOLY PRIDEステージの記事です。いよいよ星見プロ登場―!! (前編はこちら)

星見プロ、その輝きに出会った日― IDOLY PRIDEワンフェスステージレポ前編

\( 'ω')/ヘーイ 去る2月9日(日)、幕張メッセ・ワンフェス2020冬のステージ内にてIDOLY PRIDEの初イベントが行われました。 今回はそのレポート。 (後編はこちら) あまりにも高尾奏音さんに入れ込んでしまい第三者的目線はほぼないので、詳しくはステージ…

IDOLY PRIDEの展開が気になるので考察をする(その3) 考察まとめ編

この記事が一連の考察のラストとなります。 ここでは、これまでに進めてきた3ユニットの考察を経てなお残っている謎について深めていき総括をします。 (その1 星見プロ編はこちら) (その2 ライバルユニット編はこちら)

IDOLY PRIDEの展開が気になるので考察をする(その2) TRINITYAiLE・LizNoir編

3回に分けたうちの2回目です。 前回は主人公である「星見プロ」のことを読み解いていきましたが、ここではTrySail、スフィアが演じる「TRINITYAiLE」「LizNoir」について知っていこうと思います。 (第1回 星見プロ編はこちら) (第3回 考察まとめ編はこち…

IDOLY PRIDEの展開が気になるので考察をする(その1) 星見プロ編

「IDOLY PRIDE」が年明けから早くも動きを見せています。 1/13(月)には第二回の生放送が行われ、新情報も解禁されました。 前々から「Shine Purity~輝きの純度~」で考察班やるって話はしていたので、第二回生放送時点での情報も含めてやっていこうと思い…

2020年、俺達の誇りはついに輝く− 高尾奏音さん『IDOLY PRIDE』出演決定に寄せて

2019年ももうすぐおしまい。 徐々に年末に向けて世間が慌ただしくなりはじめるころ、今年一番をかっさらっていくレベルのドでかいニュースが飛び込んできました。 ✨お知らせです✨『IDOLY PRIDE』にて白石千紗役を演じさせていただくことになりました✨先ほど…

アメリカに住む友人のトムから「Galaxy Watch Active 2」のレビューが届いた

ハーイ、ジャパンのみんな。 ジャパンのクレイジー\( 'ω')/ヘーイマンのフレンド、トムだ。 今日は\( 'ω')/ヘーイGUYのブログを借りて、ここフロリダで話題沸騰の新商品、Samsungの「Galaxy Watch Active 2(44mm,Bluetoothモデル)」のレビューをお届けするぜ…

のんのん村台湾遠征2019の思い出 その2

台湾遠征の思い出その2です。 今回は台北駅到着からのお話。 (その1はこちら)

のんのん村台湾遠征2019の思い出 その1

そろそろ流石に落ち着いてきたので、台湾遠征の思い出を書き綴っていこうかと思います。

ドルオタはお台場、我々はお台湾―― 2019漫博・台湾遠征記その2

いつの間にか出発の日です。終電近くのモノレールに揺られつつ、そして空港で早朝便のチェックイン開始を待ちつつ書いています。

チケットが 台湾でしか 売ってない(心の俳句)―『うちの娘』2019漫画博覧会・台湾遠征記その1

というわけで連載第2回です。(第1回はこちら) 今回は、漫博内で行われる『うちの娘』のサイン会のチケットを入手するまでのお話。

踏み出そう、爪先から続く“世界“へ― 『うちの娘』2019漫画博覧会・台湾遠征記その0

夏アニメに2作主演級として出演、しかもオープニング主題歌まで…というにわかには信じがたい大躍進を遂げている我らが高尾奏音さん。 それどころか、とうとう台湾でのイベント出演が決定したようです…? www.e-muse.com.tw ということで、彼女の声優人生初(…

(2020/02一部更新)地上の楽園は千葉県野田市にあり。のだ温泉ほのかはいいぞ

今回は弊ブログ史上最もローカルな話題、かつ史上最もオタク然としていない記事になります。 たまにはこういうのもいいでしょ。

気づけばあのなんやかんやから1年が経つ

ブログ、やっぱり定期的に更新しないといけないなと思います。 というのも、いくら誰にも負けない天下無敵の記事が書けたと自負していてもアクセス数がなければ悪の「いかがでしたか?」に検索順位で劣ってしまうという事実がございまして。 なので、地道に…

たまたま出かけたら上月せれなさんの細胞プロミネンスカバー初披露に出くわしてひっくり返った話

平素より大変お世話になっております。 さて、表題の件ですが、表題のとおりです。 ご査収ください。

C95 サークル参加の振り返り(高尾奏音本・ジェムカンフリーペーパー)

C95 1日目にサークル「高尾山のんのん村役場出版部」としてサークル出展いたしました。 今回はその振り返りです。

C95 1日目お品書き

この度、C95 1日目 12/29(土)に、我々の高尾奏音サークル 「高尾山のんのん村役場出版部」が出展いたします。 メンバーは僕とあと一名です。 今回はその取扱商品を紹介していきたいと思います。

ゴトランドの名前の由来、ゴットランド島(スウェーデン)って?気になる緯度・経度や人口を調べてみました!

こんにちは! あの高尾奏音さんが艦これで演じたキャラが「Gotland(ゴトランド)」と判明しました! そして、なんとGotlandは実在する島から名付けられたのだそうです! そんなわけで、早速気になるGotlandについて調べてみました! 皆さんのご参考になれば…

「調べてみました!」じゃあないんだよ。艦これゴトランド・神鷹役!雑誌連載開始!今勢いのある新人声優・高尾奏音さんに注目!!

hyakuren-anime.com 現在展開中の【抜錨!連合艦隊、西へ!】、その【後段作戦】で邂逅できる北欧生まれの軽(航空)巡洋艦「Gotland(ゴトランド)」。その声は収録時点で15才、今月誕生日を迎え16才となった新進気鋭の素敵な声優さんが担当しています。不思議…

【夏コミ同人誌寄稿文再掲】あの日の音 ~ここだからこそ語っておきたい、「細胞プロミネンス」とその歴史~

伊藤美来さんのバースデーイベントにおいて、約2年半ぶりに「細胞プロミネンス」が披露されたそうです。 「されたそうです。(伝聞)」なんですよね。 というのも、今日はその辺の可能性もすべて考慮し、考えに考え抜いた結果『百錬覇王』のお渡し会に行って…

平成最後の冒険が、今始まる― 伊藤美来 4th Live Miku's Adventures 2018 プレビュー

8月が終わり、2018年もだんだんと終盤戦に突入してくる今日この頃。夏が終わったということは、今年もこの時期がやってきたのだということです。そう。伊藤美来さんのライブの季節です。 というわけで、毎年恒例の伊藤美来さんのライブについてのお話です。 …

"時代は今、ノーフォーク農法です"― 『百錬の覇王と二コ生の美声乙女幕張メッセ出張版』 in WF2018夏 レポート

台風が日本列島を襲った週末。 一時は開催自体も不安視されましたが、7/29(日)に幕張メッセにてワンダーフェスティバル2018[夏]がありました。 今回はそのお話。

☆お知らせ☆

この度、僕が寄稿させていただいた同人誌が出ます。デビュー戦です。 今回はその宣伝をしていきたいと思います。

明日のことをまだ誰も知らないというのはほんとそう ~高尾奏音のオタク、何の因果かピュアモンを見てたらなんだかすごいことになっちゃったの巻~

前回のあらすじ 通いつめたESDが活動休止し、程なくしてひかのんも活動休止してしまったオタク。 ついには「自分のこの先10年を預けてもいい」と思っていたのんのん\( 'ω')/のイベント予定までもしばらく無くなってしまい…? ひとつ残らず全て燃やし、虚無…

大いなる幕間、はじまる ―ESE消滅から1ヶ月によせて

声優・タレント事業撤退に関するお知らせ http://www.earthstar.jp/talent/news.php#201803311759-1 これまでいろいろとお世話になってきた(株)アース・スター エンターテイメントが、2018年3月31日を以って声優・タレント事業を撤退したそうです。

飼育委員会卒業論文 ―2018.3.11 ひかのんラストライブ~飼育委員会卒業式~のお話

ひかり輝く日々 のんストップで駆け抜けた想い出胸に 踏み出そう 爪先から続く世界へ ~飼育委員会 最後のメッセージより引用~ www.youtube.com 去る2018年3月11日、声優ユニット「ひかのん」のラストライブが行われました。今回はそのお話。

1/12(金)天気:晴れ 朗読劇「りーでぃんぐ☆ぱーてぃー」に行きました。すごかったです。

あけましておめでとうございます。 新年一発目は、1/11(木)~1/14(日)に新宿シアターブラッツにて開催された「りーでぃんぐ☆ぱーてぃー Vol.2」の1/12(金)の2公演を見てきた感想を綴っていこうと思います。

今年もまた、伊藤美来さんのライブの話をしよう(その2)

というわけで(その2)です。 ((その1)はこちら)

今年もまた、伊藤美来さんのライブの話をしよう(その1)

2017年の伊藤美来さんのバースデーライブが幕を閉じました。 "Island of aquaveil"と銘打たれ開催された今回のライブ、その両部のべ2100人での「大掛かりなさんぽ」を振り返っていこうと思います。